会社情報
会社沿革方針・理念環境への取り組み
会社沿革
2000年 米国T&B社よりコミュニケーション部門を分離・独立したACI Communications Inc.(旧Augat)を親会社として、日本国内に株式会社を設立、同社のケーブルテレビ伝送機器の輸入販売を開始、同時にレーザープリンター用メモリーモジュールのOEM製造・販売を開始。
2003年 国内初のFTTH用VONU、1550nm外部変調型光送信機、EDFAをOEM販売開始
2009年 米国の親会社からMBOにて独立に成功、日本企業となる。
2010年 国内初のRFoGシステムを導入、商用化に成功。
2011年 国内初のケーブルWiFiを紹介販売開始。
2012年 国内初DOCSIS3.0小型CMTSを発売開始
2012年 社名をエーシーテック株式会社、英文名 Advanced Connecting Technologies Inc.へ変更。変わらずに世界各国の優れた技術をもったパートナー企業よりユニークな製品とサービスを日本の顧客へ提供するコンシェルジェ型サービス企業へ発展を遂げています。
このページのトップへ
方針・理念経営方針

エーシーテックは、ケーブルテレビ用ブロードバンドネットワークから商業施設、学校、病院、オフイスビル向けネットワーク市場に向けての価値ある高品質な伝送用機器、関連部品と技術情報を提供します。

経営理念

・エーシーテックは、顧客・社員および株主を含め広く社会のために貢献する企業です。
・エーシーテックは、卓越した製品とサービスを追求し、相互の企業価値を高める企業です。
・エーシーテックは、自然環境との調和、地域社会との共生に配慮する企業です。
・エーシーテックは、社員の年齢や経験に囚われず、姿勢と成果のみ評価する企業です。

このページのトップへ
環境への取り組み

エーシーテックは、人にやさしい企業として活動するなかで、地球温暖化やオゾン層破壊、砂漠化、天然資源の枯渇、生態系への悪影響、又は廃棄物処理問題等、地球規模での環境問題が全人類共通の最重要課題の1つであることを認識する。それに伴って、「使い捨て」や「大量消費」が当たり前になってしまった現在の状況を見直すために、地球上の一企業として企業活動のあらゆる面での地球環境の保全に配慮して行動する。当社は、小さな地球環境保全活動の束が地球環境の保全に大きな影響を与えることを信じて、企業活動を推進する。

エーシーテックは、環境に対する継続的改善及び汚染の予防に、以下の方針を社員全員に周知し、継続的な改善・汚染の予防を行う。

1.事業系一般廃棄物の適正処理を行い廃棄物量を削減する。(出荷梱包用資材再利用等)
2.当社で取り扱う製品から環境に影響を及ぼす物質を削減し環境負荷を低減する。
3.グリーン購入の実施によって、リサイクル活動に貢献する。
4.当社の事業活動の中で消費するコピー用紙等事務用品、電力の使用量を削減する。
5.環境保全に関する法律、条例、規則、所属団体の指針などを遵守する。

このページのトップへ